お知らせ

メニュー

2020.01.17

阪神・淡路大震災から25年 鎮魂の祈りを捧げました

阪神・淡路大震災で犠牲になった多くの方に哀悼の誠を捧げます。

1995年1月17日午前5時46分、淡路島北部の明石海峡を震源とするマグニチュード7.3の直下型地震が私たちの町を襲いました。あの日から25年、コープこうべでは生活文化センター(神戸市東灘区)で鎮魂式を行いました。

哀悼の言葉.jpg

献花.jpg

当時、このセンターの地下体育館は遺体安置所になり、広場では犠牲者のための棺を組み立てる作業が続けられました。この広場には鎮魂碑が建てられています。

KC東灘・黙祷.jpg

宅配事業の拠点である協同購入センターでは、出発前の朝礼で黙とうを行いました。

シーア黙祷 .jpg

店舗では、正午から組合員と一緒に黙とうを行いました。

1月17日は、これからも特別な日であり続けます。
震災を忘れず、経験と教訓を次の世代に伝えていくこと。そして、将来の災害に備えること。
私たちは助け合いの組織として、地域のみなさまとともに防災・減災の取り組みをしっかりとすすめてまいります。

ページの先頭へ