電力小売事業

コープでんき

2017年4月に、くらしに必要不可欠なライフラインである電気の供給をスタートします。毎日使うものだからこそ、組合員のニーズに応える電気を考えました。将来のエネルギー問題や地球温暖化など「コンセントの向こう側」を考え、電源構成にこだわった電力です。
電源構成:FIT電気(再生可能エネルギー)と、天然ガス火力により発電された電気

電気料金をみる

再生可能エネルギー普及の取り組み

コープこうべのグループ会社(株)コープ環境サービスが、太陽光発電事業を2013年にスタートさせました。
コープこうべでは、この再生可能エネルギー(再エネ)による電力を「コープでんき」として組合員に供給するほか、協同購入センターや店舗など、コープこうべの各事業所で使用しています。電気を作るだけではなく、積極的に使うことを通して再エネの普及につなげていきます。

環境の取り組みコープの電力へ

ページの先頭へ