お知らせ

メニュー

2019.04.01

コープこうべグループ合同入所・入社式を行いました

4月1日、コープこうべグループの入所・入社式が行われ、新入職員・新入社員57人が社会人の第一歩を踏み出しました。

20190401_news10.jpg

20190401_news.jpg

木田克也組合長理事が「私たちの役割は、組合員の日々のくらしに寄り添い、地域をどのようにしていくか考え、具現化していくこと。将来、その中心を担っていく人になってほしい」とあいさつ。「2年後に迎える100周年、そして次の100年に、コープこうべが地域になくてはならない存在になれるよう一緒にがんばりましょう」と激励しました。

20190401_news (1).jpg

20190401_news (2).jpg

新入職員・社員を代表して、コープこうべの阿部有香音、協同食品センターの高橋佳樹が決意表明。
その後、一人ひとりが「私のSDGs-2030年までに達成したいこと」を発表し、それぞれの目標を胸に新たなスタートをきりました。

20190401_news (5).jpg

20190401_news (6).jpg

20190401_news (4).jpg

20190401_news (3).jpg

ページの先頭へ