お知らせ

メニュー

2016.03.25

洲本市と「協力事業者による高齢者見守り事業」及び「緊急時における生活物資の確保に関する協定」を締結

コープこうべは、3月22日、洲本市と「協力事業者による高齢者見守り事業」及び「緊急時における生活物資の確保に関する協定」を締結しました。

高齢者見守り事業は、宅配の地域担当職員が組合員宅を訪問中に、「いつもと違う」状況に気づいた場合、宅配の事業所から洲本市に連絡。連絡を受けた洲本市の職員が、状況を確認のうえ必要な支援を行うというものです。また、緊急災害時において、食料や生活物資等が洲本市の避難所などで必要となった場合、行政の要請にしたがい、不足する物資等を重点的にコープこうべが確保し、行政に提供する協定も締結しました。

DSC04515.JPG

(左から)河本成央コープこうべ協同購入センター淡路センター長、竹内通弘洲本市長、牧圭介コープこうべ第5地区活動本部本部長

ページの先頭へ