お知らせ

メニュー

2016.01.08

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に抗議文を送りました

コープこうべでは、すべての人々が安心してくらせる社会を次世代に引き継いでいくため、核兵器の廃絶と世界の平和をめざす取り組みを息長く続けています。

本日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が、1月6日に水爆実験を実施したと発表したことに対し、すべての「いのち」を脅かす行為であるとして、本田英一組合長理事名で抗議文を送りました。

朝鮮民主主義人民共和国
国防委員会 第一委員長
金  正 恩   閣下

貴国の水爆実験に対し強く抗議します

貴国がこの1月6日、「水爆実験」を行ったとの報道に接しました。これは、核兵器廃絶を求める世界の世論に逆行し、かつ他国にも核開発の口実を与えるものであり、断じて許すことはできません。

私たちは被爆国日本に住む者として、これまで核兵器を廃絶し、世界の平和をめざす取り組みを息長く続けてきました。私たちの平和を求める、世界の多くの人々の抗議の声を無視して、貴国が水爆実験を強行したことに、あらためて強い憤りを感じます。「核なき世界」を求める世界的気運の中で、核兵器の維持・向上をめざす実験は厳しい批判を免れないものです。

世界平和を願う地球上のすべての人々の声に真摯に耳を傾け、貴国が一切の核実験および核開発を中止することはもとより、今後の一切の核兵器の廃絶を強く要請します。

2016年1月8日
生活協同組合コープこうべ
組合長理事 本田 英一

ページの先頭へ