お知らせ

メニュー

2015.01.01

謹んで新年のご挨拶を申しあげます

2014年は、組合員とともにくらしを取り巻く課題を解決できる人づくり、組織づくりをめざす「次代コープこうべづくり」に取り組みました。その1つひとつが今、カタチになろうとしています。

この1月17日には、阪神・淡路大震災から20年を迎えます。私たちが積み重ねてきたくらしを根本から突き崩した激震。あのとき、組合員や取引先、全国の生協、多くの関係先のみなさまの支えにより、コープこうべは「被災地の生協」として社会から求められる役割を果たすことができました。
現在、震災後に入所した職員が約7割となり、震災や復旧・復興に関わる経験を次世代に伝えていこうとしています。

「誰もが安心してくらせる社会」の実現に向けて、これからも、地域に必要とされる組織であり続けるために、一丸となって取り組んでまいります。
本年も変わらぬご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申しあげます。

2015年 元旦
生活協同組合コープこうべ

ページの先頭へ