お知らせ

メニュー

2017.04.28

ハート基金から「ひょうご若者被災地応援プロジェクト」へ100万円を拠出しました

ハート基金(コープこうべ災害緊急支援基金)では、「ひょうご若者被災地応援プロジェクト」に100万円を拠出しました。

拠出金は、ひょうごボランタリープラザが実施する「ひょうご若者被災地応援プロジェクト事業」の経費として、被災地の復興支援や被災地支援を担う人材養成に役立てられます。

本日、コープこうべ住吉事務所で、知事感謝状の贈呈式が行われました。

20170428heartkikin.jpg

左から、コーピー、大谷 敦子 コープこうべ理事・コープこうべ災害緊急支援基金委員長、高橋 守雄 ひょうごボランタリープラザ所長、橋本 正人 兵庫県企画県民部県民生活局長


ハート基金(コープこうべ災害緊急支援基金)
コープこうべでは、阪神・淡路大震災以降、国内外で発生した自然災害に対して緊急募金を行い、被災地を支援する活動に取り組んできました。しかし、緊急募金は、災害発生後に取り組むため、どうしても現地に届くのに時間がかかります。そこで、「少しでも早く届けたい」という組合員の思いから1999年1月に「コープこうべ災害緊急支援基金(ハート基金)」を設立しました。この基金は、組合員の任意組織である「基金運営委員会」が運営し、初期の救援活動を中心に、被災地・被災者が必要とする支援に活用されています。

ひょうご若者被災地応援プロジェクト事業
大学・高等学校・専門学校等に通う学生など、ひょうごの若者が継続して地震や豪雨災害等の被災地を応援するプロジェクトに対して経費を助成することにより、被災地復興を支援するとともに、今後の被災地支援を担う人材養成を行う事業。

ページの先頭へ