お知らせ

メニュー

2016.08.29

「ユニセフ・南スーダン現地報告会」開催のお知らせ

2011年7月、長い紛争の末に独立を果たした世界で一番若い国南スーダン。しかし、2013年12月に武力紛争が勃発して以来、子どもたちは再び紛争の渦に巻き込まれています。家を追われ国内避難民となった子どもは約90万人。今年に入り、一時は休息に向かうことが期待された内戦でしたが、7月再び激化し、子どもの兵士が増加しつつある現状に、大きな懸念が広がっています。
内戦の激化を受けケニアのナイロビに退避し、支援活動を続けるユニセフ南スーダン事務所の幸村真希(こうむらまき)さんが現状をお伝えします。

とき:9月6日(火)18時~19時半

ところ:コープこうべ住吉事務所(神戸市東灘区住吉本町1-3-19・JR住吉駅北へ徒歩2分)

報告者:幸村真希さん(ユニセフ南スーダン事務所モニタリング・評価担当)

定員:100人(無料)

申し込み:兵庫県ユニセフ協会 電話078-435-1605(月~金 10時~16時)

20160830.jpg

幸村真希さんについて
2010年大阪大学大学院国際公共政策研究科卒。(特活)アドラジャパン入社。ミャンマー、ハイチ、南スーダンで活動。2013年ユニセフコートジボワール事務所で、HIV/AIDS・青少年活動支援、2015年6月から南スーダン勤務。2016年7月からは、情勢悪化を受けナイロビで活動中。

兵庫県ユニセフ協会のページへ
http://www.office-bit.com/unicef-hyogo/

 

ページの先頭へ